第70回NHK紅白歌合戦出場者決定!

スポンサーリンク
紅白歌合戦 2019 出演者

2019年の大みそか、いろいろ言われてもまだまだ多くの人が注目しているNHK紅白歌合戦の出場歌手が正式に発表されましたので早速ご紹介します。

今回発表されたのは合計41組でそのうち初出場は紅組3組、白組5組の計8組です。

第70回NHK紅白歌合戦 出場者リスト

まずは発表された出場者をご覧ください。

【紅組】 【白組】
aiko(14) 嵐(11)
いきものがかり(11) 五木ひろし(49)
石川さゆり(42) Official髭男dism(初)
AKB48(12) 関ジャニ∞(8)
丘みどり(3) Kis-My-Ft2(初)
欅坂46(4) King & Prince(2)
坂本冬美(31) King Gnu(初)
椎名林檎(7) 郷ひろみ(32)
島津亜矢(6) GENERATIONS from EXILE TRIBE(初)
Superfly(4) 純烈(2)
天童よしみ(24) 菅田将暉(初)
TWICE(3) DA PUMP(7)
乃木坂46(5) 氷川きよし(20)
Perfume(12) 福山雅治(12)
日向坂46(初) Hey! Say! JUMP(3)
Foorin(初) 星野源(5)
松田聖子(23) 三浦大知(3)
MISIA(4) 三山ひろし(5)
水森かおり(17) 山内惠介(5)
LiSA(初) ゆず(10)
Little Glee Monster(3)

紅組が21組、白組が20組、ということで同数ではないことから考えると、今後の追加発表があるのは間違いないでしょう。

いかがでしたか。このサイトで取り上げた歌手のなかでは

的中:氷川きよしさん、菅田将暉さん、Kis-My-Ft2、日向坂46
外れ:山口百恵さん、森昌子さん、浜崎あゆみさん

となりました。

外れた方たちは当然という感じもしますが、特別枠の可能性がある方もいらっしゃいます。

みなさんの予想はいかがだったでしょうか。

第70回NHK紅白歌合戦 初出場歌手と選考理由、歌唱曲予想

今回初出場が決まった方々は、以下の8組でした。

プロデューサーによる選考理由とせっかくなので当日の歌唱曲を予想してみました。

紅組

日向坂46

既報のとおり、初出場が決まりました。

選考理由は

出す曲出す曲1位を記録するなど今年の活躍が顕著だった

とのことでした。

歌唱曲はデビュー曲「キュン」ではないでしょうか。

Foorin

昨年は特別コーナーでパフォーマンスを見せたFoorinでしたが、今では日本中すべての子供がこの曲を知っているのでは、と思われるほど大人気の曲となりました。

選考理由でもその点について触れられていました。

『パプリカ』は、NHK2020応援ソングであり、東京五輪パラリンピックに向けて盛り上げていこうと作った曲。去年は企画でのご出演だったが、今年に入って、お子さんの間で大ヒットした曲。ご家族でも歌われているので、今年はきちっと選ばせていただいた。

歌うのはもちろん「パプリカ」ですね。

LiSA

アニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」「Fate/Zero」「鬼滅の刃(きめつのやいば)」などの主題歌で知られています。

選考理由は

アニソンという域を超えたご活躍をしているアーティスト。テレビアニメの『鬼滅の刃』がヒットして、チャートで1位を獲得するなど、今年の活躍が顕著

とのことです。

歌唱曲はその「鬼滅の刃」のオープニングテーマ「紅蓮華」ではないでしょうか。

白組

Official髭男dism

メジャーデビュー2年目のこのバンドの曲を耳にしない日は、今年きっと一日もなかったのではないでしょうか。

ストリーミング、サブスクリプションの再生回数、ダウンロードも意識してチェックしている。今年、ストリーミング、サブスクでのヒゲダンの活躍は突出していた

というわけで歌唱曲は再生回数1位を記録しているこの曲でしょう。

King Gnu

メジャーデビューは今年1月でしたが、「白日」がヒットしました。

ストリーミング、サブスクリプション、とくに『白日』という楽曲は再生回数ともに、ヒットした。CDでのヒットというよりは、デジタルの市場が選考理由だった

歌うのはもちろんこの曲のはずです。

Kis-My-Ft2

「確定」と報じされていた通りの初出場が発表されました。

9周年で、我々としてはずっと活躍は見守ってきたグループ。いつか出ていただきたいと思いがあった。『ザ少年倶楽部 プレミアム』(BSプレミアム)の司会をされていて、付き合う機会が生まれたのは出演をお願いするきっかけになった

デビュー9年のグループですから歌唱曲の予想は難しいところですが、デビュー曲ですかね・・

GENERATIONS from EXILE TRIBE

EXILE TRIBEを代表しての初登場です。事務所的にいろいろあったのでしょうか。

選出理由を聞いても初めに枠ありきだったような気がしますね。

EXILE TRIBEからフレッシュな風を吹かせてくれる方にご出場いただきたいというのがあった。出された曲がチャートで上位を獲得しているという実績もある。特に、10代の女性の支持が上位というのもある

歌唱曲の予想は難しいですが、コメントからはバラードではなさそうなので最新シングル「EXPerience Greatness」でしょうか。

菅田将暉

「目玉」と言われてその通り出場することになりました。選考理由のコメントにもそのあたりがうかがえます。

去年の『さよならエレジー』の頃から俳優さんでありながら、1アーティストとしても素晴らしい実績をの残されている方が出てきたと思っていた。今年は米津玄師さんがプロデュースされた『まちがいさがし』という曲がヒットし、満を持してご出演かなと

米津玄師さんつながりのコメントから推察すると歌唱曲はその「まちがいさがし」になるのではないかと予想します。

復活した歌手

初出場ではありませんが、復活出場となったのが椎名林檎さんです。

しかし、それはソロとしては2年ぶりという意味で、昨年は宮本浩次さんとのデュエットで特別枠で出場しています。

それも含めると、2014サッカーワールドカップのNHK放送の主題歌を担当された2014年から連続出場を続けています。

昨年出場から落選した歌手

初出場した歌手がいるということは、入れ替わりで落選した歌手がいるということでもあります。

昨年の出場者で今回の発表に名前がなかった歌手のみなさんは以下の通りです。

紅組

あいみょん、DAOKO、西野カナ、松任谷由実

西野さんは活動休止中なので当然、あいみょんは意外、DAOKOさんは仕方ない、ユーミンは今年はきっとお休みではないかと思います。

白組

EXILE、三代目 J Soul Brothers、Sachmos、Sexy Zone、SEKAI NO OWARI、YOSHIKI feat. HYDE、米津玄師

このなかで気になるのはセクゾとセカオワですかね。

キスマイの代わりに落選するのはHey!Say!JUMP、というのがネット上の本命のように見えたので、想像からも漏れていました。

ただ、そうなってみると何となく納得してしまったのは、私が特別ファンではないからなだけでしょうか。

セカオワは、今年は4年ぶりのオリジナルアルバム2枚を同時発売して話題もあったと思うのですが、バランスの問題でしょうか。

追加の出場者発表は?

近年は12月になってから、いわゆる「大物」「大御所」と言われるような歌手の出演が追加で発表されています。

2018年は最後の最後に米津玄師さんの出場が発表されて話題になりましたが、今年も出演が決まったとの報道を少し前に見かけました。可能性としてはあるような気がします。

そのほか、矢沢永吉さんの出演も一部で報道されていたようですが、果たしてどうなるでしょうか。

先にも書いた通り、現段階で白組が一組少ないこと、昨年(紅白各22組)より3組減っていることなどを考えると、追加は必ずあると思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。

初登場のみなさんの選定理由は下記の記事を参照させていただきました。
紅白歌合戦 髭男、キングヌーは「デジタル市場での活躍」で初選出